学ぶ~保健師研修による教育~

 

「是非、あなたにお願いしたい」と言われるために

私たちが目指す「学ぶ」は、いわゆる一般の起業セミナーとは違います。起業そのものではなく、クライアントから信頼され、名指しで仕事が依頼されるようなスキルアップを目的としています。

保健師が手がける多くのサービスは、行政などを利用すれば、原則無料で利用することができます。したがって、開業したとしても、保健師の資格を有していただけでは、生活に必要な収益の確保すら難しいでしょう。わざわざ発注したくなるような資質を兼ね備えてこそ、「あなた」が選ばれるのです。「あなたは私のためにいてくれたのですね」とクライアントに言われる「売り」を自らの中に備えます。

 

対価に見合うスキルの構築

では、対価にふさわしい資質とは何でしょう。答えは、既存の環境からは得られない「付加価値やオリジナリティ」です。この一見当たり前とも思えるスキルが、実は一番難しいところなのです。

もしかしたらクライアントは、現状のサービスで、十分満足しているかもしれません。そのような状況の中で、よりよい健康環境を提案し、新たな気づきと理解を得ることは、決して容易ではないでしょう。

また、意見の押しつけではなく、本当に必要だと実感してもらうことが、信頼度の獲得につながります。アドバイザーや専門家は得てして、上からの目線になりがちです。しかし、クライアントとパートナーシップを結ぶためには、相手に寄り添う対等の関係構築が欠かせません。


経営者としてのマネジメント力も必要

保健師として独立開業するからには、税金や法人化の仕組みなども、把握しておく必要があります。技術者ではなく経営者としてのマネジメント力を身につけるためには、今まで学校や現場で積み重ねてきたこと以外にも、学ぶべきことは数多くあります。

また、ブログやサイトを利用した情報発信など、仕事を獲得していくための宣伝方法も知っておきたいことのひとつ。

こうした独立起業のためのノウハウを、是非一緒に身につけていきましょう。