稼ぐ~顧客を紹介し収益面も支援~

個人のタレント化を目指して

「タレント」というと芸能人を思い浮かべるかもしれませんが、本来の意味は、人が持つ「才能・能力」そのものです。

芸能人でも、デビュー直後では、1人で食べていくのが困難なもの。個人のタレントが発揮できるようになってはじめて、独立して勝負することができます。

保健師にも、同じことがいえるのではないでしょうか。独立して稼いでいくためには、その能力に磨きをかけることが必要です。私たちは、日々の交流のほかにセミナーなどを随時開催して、タレントの育成を支援します。

有能なプロダクションを目指して

バラエティ番組などで、スタジオに並んだトークを専門に行う芸能人を、「ひな壇芸人」と呼ぶそうです。他人が活躍するビデオや投稿画像を見ながら、与えられたテーマの中で、その場を盛り上げます。

一方スターは、番組の中心で常に主役として扱われます。そして、こうした一流芸能人を抱えたプロダクションには、次々と「よい仕事」が舞い込みます。

当協会に所属した皆さんには、「ひな壇保健師」としても、「スター保健師」としても活躍していただきたいと考えています。そのための支援を行いつつ、組織自体も育っていくような「協働」体制を、是非一緒に築いていきましょう。

仕事を創造するクリエイティブ集団を目指して

どんなに優秀な保健師がそろっていても、与えられた案件を振り分けるだけでは、「ひな壇保健師」と変わりません。そこで当協会では、法人に対するメンタル相談や、健康診断の健保人事への保健事業の提案からコンサルができる人を育て各法人様、健保へのご紹介という、営業面にも力を入れています。

また、当協会の中には、「ワンコイン検診」など、独自のビジネスモデルを構築した保健師も在籍しています。

このプロダクションでは、スターが最前線で仕事を取り、生み出しているのです。